こんな方法もあるのです!

タイムレコーダーを使用した勤怠管理とは

最近はタイムレコーダーを使用した勤怠管理システムを導入する企業も増えています。
最新技術では、クラウドを利用することで、社員の勤怠管理を自動的に行い、残業時間などを自動的に集計してくれます。
残業代の計算や過度の残業をしていると、健康管理センターに自動的に通報し健康診断を受けるシステムを導入しているところもあります。また、シフト制を導入している企業であれば、シフト管理も自動的に行われるようになります。有給管理なども自動的に行われるので便利なシステムです。
このシステムを導入することで、今まで手計算にて行われていた残業代の精算などは自動的に行われるようになるので、人件費が削減でき企業としても大きな導入メリットがあります。

こんなのもある!最新のシステム

現在主流のタイムレコーダーを利用した勤怠管理システムは、社員証に搭載された磁気情報や、ICカード情報などにてタイムレコーダーに出勤と帰宅を登録するものがほとんどでした。
この場合、写真証を忘れてしまうとタイムレコーダーを通すことができず、結局端末にてて入力にて出勤時間や帰宅時間を登録することになります。
しかし、最新のタイムレコーダーでは、指紋認証システムや、指の静脈認証システムなど新しいシステムのものが出始めています。このようなシステムを導入すれば、自分の指などで勤怠登録ができますので、社員証を忘れたとしても出勤と帰宅時間を記録することが可能です。このようなシステムは、勤怠管理だけでなく、特定の人しか入れない部屋のドアの開錠システムなどにも使用されることとなるでしょう。

© Copyright Login Button Below. All Rights Reserved.