勤怠管理の将来とは

機械の進化が生んだもの

今の時代の勤怠管理は、ネット社会や機械の進化などに合わせてだんだんと変わってきています。個人情報を守る意味もありますし、勤怠管理が簡単にできてしまうと、ずるをしようと考える人が出てきてしまうので、本人でなければ承認できないような指紋認証機能が入った勤怠管理を取り入れる所が増えてきています。
それまでのタイムレコーダーなどでの勤怠管理は、仕事に遅れそうなときでも誰かにお願いして出勤扱いにしてもらう事が簡単にできました。しかし、そのように悪い事をする人があまりにも多く、マジメに出勤している人との間で不公平になってしまうのもそうですし、間違えが多くなってしまうので何かいい方法はないかという事で、指紋認証機能などが発明されました。

今と昔のシステムの違い

しかし、指紋認証機能も、その日によって人の指紋は薄くなったりするので、そうなると認証されなくなってしまいます。何度も認証エラーになってしまうと、初期モードになってしまうのでとても面倒なシステムだと思われるようになりました。それでも、その機能がある事で個人の情報や勤怠管理は守られるようになりましたし、ずるをする人もいなくなりました。
本人でしかできない機能は、いい面もあれば悪い面もあります。本人が分からなくなってしまったりすると、それを分かる人が他にいないので対策が取れなくなります。そういう面では、お互いの信用こそあれば、タイムレコーダーのようなアナログの機能でもいいような声も出ています。若者はまだ吸収できますが、年配になってくると新しいシステムなどに慣れるまでに時間がかかるのでそれだけ大変になります。

© Copyright Login Button Below. All Rights Reserved.