勤怠管理の上手な仕方

紙媒体からデータの受送信へ

タイムレコーダーは多くの職場で使用されていて、毎月の締め日を過ぎて総務や経理で時間外時間を電卓を叩いて計算していたのです。しかし最近では紙ベースでのタイムレコーダーは少なくなってきました。インターネットが普及して、社員ひとりひとりにパソコンが当たったり、倉庫や工場でも共有のパソコンが設置されている環境にあります。
企業内でもイントラを作っているところも多く、その社内イントラにタイムカードというものを作成して、社員番号を入力して出社ボタンを押すと出社時刻が勤怠管理のシステムに流れるような仕組みを持っているところも多いです。退社時も社内イントラの退社ボタンを押すとシステムにその時刻が流れて、機械上で勤務時間や時間外労働時間を計算してくれます。

パソコンがあればどこにいても可能

このようにデータとして勤怠管理のシステムに流れた後は、勤怠時間の計算をおこない、それが給与計算のシステムに流れて給与として反映されます。昔のように時間をかけて電卓を叩く必要もなくなり作業の時間短縮にもなりますし人員削減にも効果的です。
このようにパソコン上にタイムレコーダーがあることでデータとしてやり取りができる環境になることで作業の効率化にもつながります。これが可能になることでパソコンがあれば勤怠管理ができることになり、今ではクラウドも一般的に普及しているために、どこの場所で働いていてもデータのやりとりができれば時間管理は楽にできますし、これにより出社しなくても自宅でも働くことができたり働き方の幅が広がります。

© Copyright Login Button Below. All Rights Reserved.